XIII Death 死

終わったものに執着しない

死は終わりではなく何かの始まり
終わることで始まる
手放すことで流れを呼び込む

死は誰にでも訪れる生命の営みです。死と聞くと不吉な雰囲気を感じる人もいるかもしれません。しかし、どの命も死を避けて通ることはできません。同じものが同じ状態で永遠に存在するとしたら、変化も成長もなく、喜びさえ感じられなくなってしまうかもしれません。私たちは常に動き変わり続けることで、成長していきます。もう使えなくなったもの、終わりを迎えたもの、過剰になったものを手放し、身軽になりましょう。空いたスペースに新しい出来事や人間関係を招き入れましょう。それはワクワクするような体験であり、新たな展開です。流れる水のように常に新鮮な息吹を呼び込み続けることで、停滞感から解放されます。肉体は滅びても魂は消え去ることはありません。何かを手放すことは不安かもしれませんが、実はとても楽しいことだと思い出しましょう。

死というカードが現れたら、潔く削ぎ落とすことです。すべてを捨て去るということではなく、あなたの荷物の中で不要なものを手放していきます。それは人間関係・思考・習慣・仕事・物質……または行動パターンや信念・思い込みかもしれません。そのエネルギーやものが今あなたにマッチしているのか、本当に必要なのか見直してみましょう。あまりに当たり前になっているものを捨て去ることは思いもよらないことかもしれません。すでに風景となっているものの中にも、必要のないものはたくさんあります。それは気付かぬうちにあなたに影響を与えているのです。手放すことで訪れるシンプルな思考、軽やかな身体を手に入れてみましょう。

カードの意味に関する質問や感想などありましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。

ボイジャータロット78枚のカードの意味
ボイジャータロット講座
 
 

関連記事

  1. ワンド9/Integrity 統合・誠実・至高へ

  2. クリスタル8/Synthesis 融合

  3. ワンド Woman/Sensor 感じる女性・センサー

  4. クリスタル Sage/Knower 智慧の人

  5. VII  Chariot 戦車

  6. ワールド9/Harvest 収穫

  7. XII Hanged Man ハングマン

  8. クリスタル Woman/Guardian 守る人

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ボイジャーちゃん
    • 2020年 1月 28日

    あまねさん、初めまして。
    「小6の娘が、本人らしくいきいきと生きていけるようになるために、母親の私が心がけることは?」と問いを立て、引いたボイジャータロットがDeathでした。
     
    私の解釈は、「娘には自分らしく生きる力は備わっているので、心配は辞めてこれまでと違う関わり方をするときが来た」と捉えました。娘への執着を手放すタイミングと理解したのですが、そんな解釈で良いでしょうか?
    長々とすみません。コメント頂けたら大変嬉しいです。もしよかったらお願いします。

    • amanerica
    • 2020年 9月 18日

    良いと思います^^手放してあげることですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。