沖縄2015(龍の洞窟1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまね理樺です。

 

沖縄2015年。

 

私は久高島に呼ばれました。

私の人生の道しるべは、宇宙からのメッセージ。

 

2011年のセドナを皮切りに行きべき場所があると、ふっと潜在意識からメッセージがやってきます。

 

この時のメッセージは「久高島」

 

久高島?

 

聞いたことのある名前でしたが、どんな場所か知らず、どうやって行ったらいいのかもわかりませんでした。

 

調べてみたら、「神の島」という言葉が現れました。

 

俄然興味を惹かれ、ぜひ行ってみたい!と思っていたら、

偶然友人が久高島ツアーを企画しているのを知りました。

 

急いで問い合わせてみると、すでに満席。

私の席はないとのことでした。

 

「おかしいなあ」と思いつつ、

次の日会った友人にその話をすると、

「私、久高のノロさんを知ってるよ」と言いました。

 

「ほんと?紹介してくれる?」

「いいよ^^」ということで、久高を案内してくださるのがノロさんに決まり、

その場で一緒に行く2人が決まりました。

 

 

私はどこかに行くなら、めいっぱい楽しみたいと思っています。

 

そうしたら、別の友人が、沖縄の最西端、与那国に行くという情報をキャッチしました。

目的は与那国の海底に眠る遺跡を見ること。

残念ながら、3日間の滞在中、波が高く潜ることは出来ませんでしたが、

その出来事にしても必然だったのです。

 

私は肩を痛めていて、たぶん潜ったら、その強い海流に押し流されていたでしょう。

それでも、私は潜りたかったのですが..

 

私の沖縄への旅のプランができました。

 

①まず、沖縄本島の友達に車を出してもらい、沖縄在住の不思議な男の子Tくんに案内してもらう。

②久高に行き、最初の3人で過ごす。

 

③本島に戻り、違う友人が一人加わり、一人が帰り那覇で一泊。

 

④その後、与那国に飛びまた違う友人たちと合流する。

 

 

この旅はたくさんの不思議な体験をもたらしてくれました。

 

たくさんあるので、今日は、その不思議な男の子が案内してくれた、

地図にも載っていない「龍の洞窟」に行った時のことです。

ここは本当に龍の住処だったということが、4年後にわかります。

(いえ、最初からそう言ってたのですが、なんと言ってもいつも半信半疑な私です^^;)

 

「地図に載っていないおもしろい場所に案内しますよ」と彼が言い、

私たちは橋を渡り、草にボーボーに覆われた細い田舎道を

車にかかる草をかき分け、バウンドしながら進んで行きました。

 

先の見えない道をしばらく進むと、行き止まりの空き地に出ました。

その奥に鍾乳洞のような洞窟がありました。

 

「簡単なコースにしますか?2階までのコースにしますか?」

 

もちろん、2階までのコースをとリクエストし、真っ暗な洞窟に入って行きました。

 

 

そこはTくんが予告した通り、真っ暗な闇の中を体を極限に縮めないと通れない場所や、お尻をすったら思いっきり汚れてしまいそうな場所を通り抜けていくという、未知の世界への挑戦でした。

 

 

★沖縄旅行(龍の洞窟編)2に続きます。

→2017年のイベント・セミナー・スクール最新情報

2017/8/19(土) 13:00~
初★ライトランゲージ習得1Dayワークショップ
〜ライトランゲージを話してみよう!〜

2017/8/20(日) 10:30~ 京王井の頭線 駒場東大前駅
ボイジャータロット祭り★練習会&体験会
〜初めてさん、練習中さん、ベテランさん、プロ志望さん、どなたでも歓迎〜

2017/8/22(火) 19:00~ 吉祥寺
新月の瞑想会・ゴハン会8月
新月のお願いは気軽なほど叶う♬

2017/9/ 3(日) 10:00~ 3日:東急東横線 中目黒  3日:井の頭線 駒場東大前
東京:ボイジャータロット国際認定講座【基礎編】★9月
ボイジャーで人生を変えよう!

2017/9/11(月) 10:30~ 群馬県高崎市ホテルラウンジ
群馬:あまね理樺 個人セッション
〜群馬でセッションを受けたい方募集します〜

2017/10/ 7(土) 13:00~ 神奈川県三浦 マホロバマインズ
ジェームス・ワンレスと行く三浦海岸リトリート 2017
〜ボイジャーと共に人生を旅しよう〜

2017/10/14(土) 10:00~ 島根県松江市中心部
松江:ボイジャータロット国際認定講座【基礎編】★10月
ボイジャーで人生を変えよう!

2017/10/16(月) 10:30~ 島根県松江市中心部
松江:あまね理樺 個人セッション
〜島根県松江市でセッションを受けたい方募集します〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワークショップ・イベントの最新情報はこちら!

詳細を見る
Copyright 2017 あまね理樺公式サイト