「手放す」の時代は終わった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e9%99%b0%e9%99%bd%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

闇を怖がらないで。
あなたを愛してください。
あなたのすべてを愛してください。

 

 

私が白スピと呼んでいる
ちょっと昔のスピリチュアルは
何かをいらないものとして

 

「手放しましょう」
「クリアリングしましょう」
と言っていました。

 

なんだかわからないけど、
この言葉に私はザワザワする感覚を抱くのです。

 

時代はそういう風潮で、
私も、白ばかりではない自分を攻撃し追い出そうと頑張ってみました。

 

だけどそれはなくならなくて、
苦しさだけが残りました。

 

 

私たちは

白と黒が半分ずつあって、
とどまることなく循環している生き物です。

 

%e9%99%b0%e9%99%bd%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

 

陰の性質と
陽の性質は
全体の半分ずつなのです。

 

どちらもあっていいのです。

 

もしあなたが、
どちらかに「なくなって欲しい」と言った時点で
ふたつの要素は分離し、全体性は失われます。

 

もし闇を否定したら、
そこに光は存在することができなくなります。

 

朝が来たら夜が来るように、
不機嫌が来たらご機嫌が来るように、
私たちはふたつの要素を行き来します。
%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0

 

それはバイオリズムのように、
とても自然で当たり前なこと。
朝は良くて夜はいけないとは誰も言わないですね。

 

「不機嫌が来ても、ご機嫌が来ない!!」

 

そういう人もいるでしょう。
それは、自分の中の不機嫌さんを大切にしていないから。
不機嫌を感じている自分を尊重してあげてないからです。

 

陰陽の性質として、
「極める」というのがポイントです。

 

泣くなら泣く。
笑うなら笑う。
そんな当たり前のことを思いっきりやっていますか?

 

大きく息を吸って、思い切り吐き出す。
こんな普通のことが出来なくなっている人もいるかもしれません。

 

どんな思いも、
自分の中から湧き上がって来る自然な感情です。
排除することなく、思いっきり極めましょう。

 

陰も陽もひとつの性質にすぎません。

どちらも大切にしてあげることが出来たら…
それは光へと変わります。

 

f0e0722d93df129fa05be661a0d866e9

 

あなたの闇を抱きしめてみませんか?

 

 

あまね理樺
http://amanerica.com

≫2017年春のイベント・セミナー・スクール最新情報

2017年はいろんな所へみなさんをお連れする流れになりそうです。
3月は大阪・奈良のワークショップと鞍馬de宇宙と繋がるワークショップ、4月は沖縄の久高島リトリート(キャンセル待ち)、5月には、マリンさんと『出雲❤︎心の傷を癒し、本当のご縁を結ぼう!』リトリートをやることになりました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワークショップ・イベントの最新情報はこちら!

詳細を見る
Copyright 2017 あまね理樺公式サイト