宇宙の流れに乗る。ダルマとともにあれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ornate-1289341_640

私たち魂が、輪廻転生を繰り返すことの目的は?

私は何のために生まれて来たのだろう?

私の人生の目的は何なのだろう?

もう、ずいぶん小さな頃から、繰り返されて来た問いです。
セッションでもよくこの問いを発せられる方がいます。

私は何のために生きているのだろう?

誰もが生まれても死に行くなら、この人生という期間は一体何の意味があるのか?

だからみんな質問して来ます。

「私の天命は何ですか?」

「何か大切なことを忘れているような焦りを感じます」

私も行動や結果によって自己効用感を得るタイプだったので、
その日1日をどう生き、そして効率よく人生の目的を達成していくにはどうしたらいいのかを探し続けていました。

だから、
意図的に行動し、結果を求め続けていた。

けれども、どこまで行っても心は休まることがなく、
常に充足感を得られない状態。

そして、
外から見て成功していたとしても本人が幸せでない感覚をいつも抱いていました。

ある日、友人と長崎に行くことになり、
その前に自分のサイトを何とかしないとと思い、
ちょうどぴったりくる写真を探していました。

その時に気になったマーク。

なんだかわからずだったのだけど、
たった一人の1日に竜宮への使者がグラバー邸に現れて
連れてってくれたストゥーパにもこのシンボルがありました。

その塔は前の日友人と、電車の窓から見てとても気になっていた場所。

「あれなんだろうね?」

人間の感覚って正確で、
きっと必要な場所を本能的に知っているのだと思います。

竜宮の使者たちが、私を車で攫い、連れて行ってくれたそのストゥーパは
大きな金色のブッダが4体いらして、
彼の覚醒までの物語を表していました。

今日バガヴァッド・ギーターに繋がって「ダルマ」というものを知り、
それが何なのか調べていたら、ピンポイントでまたこのシンボルが現れたのです。

ダルマ・チャクラ(車輪)
世界の在り方を支えている法則。

〜あなたの身体も心も過去も未来も含んだ、この宇宙の全ては、
法則に沿って、形を変え続け、回り続けている〜

ダルマとは、その場その場で「Best of my knowledge(私の知る限りでベスト)」を尽くして判断するように出来ているそうです。

自然の流れの中で、目の前にあるやるべきことをやっていく。

ダルマに沿った行動とは、ただ反応し続けることではなく、
自分の感情(好き・嫌い)に依存した判断・行動をするのでもなく、
もっと客観的に今のあなたがあなたであるがゆえにやるべきことを選ぶことなのです。

カエルはカエルに生まれカエルとして生きる。
王は王として生まれ、王として最高の行いをすると決める。
私は私として生まれ、それ以上でもそれ以下でもない等身大の自分自身でやるべき最高のことをただ行う。

自然の流れに乗るとか
あるがままにゆだねるとか
抵抗しないというような消極的な判断ではなく、

もっと芯の通った清々しいものかもしれません。

自分を自分としてありのままに受け入れること。
そして、自分という運命を生きること。

天命、生き様、委ね…

言葉には限界があり、
実際ひとつの概念はものすごく多数の側面を持っています。

ひとつの面を説明すると他の面への否定になり
すべてを説明すると矛盾だらけになってしまうのかもしれません。

だから、
わかる範囲でいいと思うのです。

その考えさえも、やがては移ろい変化していくもの。

人とはそんな流れの中を生きること自体が生きる目的ではないのかなと思います。

私の今の成長段階は、
好き・嫌いの感情にはなく、
どんなことがやって来ても、どんなことを言われても
傷ついたり、頭に来たりすることではなく、

その出来事の持つ「多種多様な側面を知る」ことだけなのかなと思います。

ダルマという考え方の中には、
「自己信頼」「自己愛」「赦し」「客観視」「慈愛」というものも含まれているのかなと思います。

感情に執着することをやめ、やるべきことを選択し続けていると
そこには必然としての世界との調和が生まれ、
自然に大きな流れの中の一部となっていく感覚があります。

それは、何かの一部になってしまうことではなく、
世界で起こる出来事が自分の内側に内包されているような感覚。

そして、その視点からでしか得られない、今までとは違った経験ができるようになる気がしています。

それが、魂の目的である「成長」そのものであり、
私たちの生きる意味、目的とも言えるのではないかと思います。

要するに、
今の私の視点から考えられることは
「何かになる」「達成する」ということは枝葉末節であり、
何をやっていても、達成目標がなんだとしても、
その選択の仕方が「自分を成長させる」ということであればすべて、
ちゃんと天命を生きているということになるんだと思います。

だから、何をやっていても大丈夫。

ただ、純粋に、自分の魂がダルマの中で成長できるような選択をし続けることが
人生そのものなのだと思います。

すがすがしく生きよう!

その後、宇宙のダルマは私をガイドブックに載っていない龍宮へと導いてくれるのでありました。

 

竜宮の使いであるお二人の女性への感謝と

宇宙の完璧さに感激。

これは長崎での本当のお話です。

2017.4.3

≫2017年春のイベント・セミナー・スクール最新情報

2017年はいろんな所へみなさんをお連れする流れになりそうです。
3月は大阪・奈良のワークショップと鞍馬de宇宙と繋がるワークショップ、4月は沖縄の久高島リトリート(キャンセル待ち)、5月には、マリンさんと『出雲❤︎心の傷を癒し、本当のご縁を結ぼう!』リトリートをやることになりました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワークショップ・イベントの最新情報はこちら!

詳細を見る
Copyright 2017 あまね理樺公式サイト