意識は現実化する

ある朝、夢を見ました。
私は仲間とバイクに乗って走っていました。
ある広い交差点まで辿り着き、私はその場所が安心安全で、何の過不足もなく、うまく行くと感じて
友人のバイクを降りました。

そのバイクを運転する友人を見ると、なぜか怯えています。
そこでこれから、大きな争いが繰り広げられると思っているのです。

こんなに安心安全な場所でなぜそんな風に思うのでしょう?
私は訝しみながら、様子を見ていました。

すると、たくさんの車が一斉に、彼女とバイク仲間の方を向き、
まるで暴走族の抗争のように、彼女に向かって戦いを挑んで来ました。

私は離れた場所でそれを見つめながら
彼女の思いが現実を変えたことに気がつきました。
ほんの一瞬の出来事です。

彼女の持つ恐怖感が、そのまま現実に現れたのです。

この夢を見て目覚めた私は、たっぷり寝たにも関わらず疲れ切っていました。
夢の中で、こんなに緊張状態にいるのなら、
いくら寝ても、体も心も休まるわけないなと感じました。

これはなんだったのだろう?

この夢は、
私のガイドが見せてくれた、宇宙の法則。

バイクはスピード主義である私の行動の象徴。
目標に向かって爆進して行く私の肉体そのもの。

そして私の魂の乗り物。

運転している友人は、私の「顕在意識と潜在意識」。
肉体意識と言い換えてもいいかもしれません。

バイクから降りた自分は「本当の自分」であり、
すべてを見通している「魂意識」。

「後部座席の私」はすべてがうまく行くことを知っています。
だから、目的地に運んでくれるバイクから安心して降りられる。
もう頑張ってどこかに行かなくてもそれでいいと知っています。

だけど、「運転席の自分」がただただ不安で、怖がっていて
敵が現れ囲まれるのをイメージしている。

それで、実際にそれが現実化している図。

あー…..

現実の創造ってこういうものかもしれません。

こうやって現実は生まれて来る。
「肉体意識が描く未来」に、私たちは引き寄せられて行くのです。

「魂意識」が、どんなに大丈夫だよと言っても、
日常の意識が心配し続けていると、それがあっという間に書き換えられ
姿を変えてて行くのだなあと思いました。

意識が向いたものが具現化する。
量子物理学の世界です。

スピリチュアルな考え方、グルジェフやプラトンなどの世界では
私たち人間の仕組みを、馬車に例えることがあります。

馬車 ▶︎ 肉体

馬  ▶︎ 感情

御者 ▶︎ 知性

主人 ▶︎ 意識

肉体は感情に引っ張られて走ります。
それを制御するのは「知性」。
そして、その馬車そのもの(自分自身)を統御しているのは高次の意識なのです。

だから、感情のままに進むのではなく
うまく感情を手なづけ、勇気付ける知性を持ち、
更に知性を受け取るために主人との繋がりが必要なのです。

主人とは、私たちの人生を大きな視点から俯瞰し観察している「一なる意識」のことであり、
その「一なる意識」が分化したのが、私たち一人ひとりの意識です。

宇宙の根源と繋がり、そこからインスプレーションを受け、
上手に肉体や感情を動かして行くのが、私たちの役目なのです。

そして結局のところ、この夢は、
私の魂意識と現実の意識が分離していることを示していたのです。

まあ、簡単に言ってしまえば、

「すべて大丈夫だよ」と宇宙が教えてくれたということ。

「あなたが恐れたものが、具現化しているだけだよ」と。
『本当はすべてうまく行っている』というお知らせなのでした。

人間として、感情が強く動くという作用は、
死んだ後もその記憶を保持し続けるには必要な過程なので
敢えて、そういう人生を選んでいるのかもしれません。

それにしても、わざわざ楽しくないことを経験する必要もないと思うので、
顕在意識に恐れに基づく状況が思い浮かんだら、
シンプルに、「それは起こらないんだ」と破棄すればいいのだと思いました。

夢、あなたはどんな夢を見ますか?
その夢はあなたの一なる意識、宇宙からのメッセージかもしれません^^

あまね理樺/チャネラー

関連記事

  1. 令和。たおやかなる調和の時代へ。

  2. 1×1レッスン

  3. お誕生日はどうする?2018

  4. 私はスピの人ではなかった…そういえば…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。